Loading

ココカラフル卒業生の声

少しずつ寒さも和らいで、暖かい時期になってきましたね。
ココ・カラ・フルを利用して、新たに一般企業への就労を始められた卒業生の声を紹介します。

ぜひご覧ください。

1 通所を始める前はどんな気持ちでしたか?
私は大学進学中に就職活動を進めていく事に不安が生まれ、
障害者雇用で働く選択肢を考え就労移行を調べていく中で、ココ・カラ・フルを知りました。
体験入学では、支援員の方々が自分に合ったペースでわかりやすく丁寧に教えてくださり、
内向的な私でも頑張れそうだと感じ、通所を決めました。
「自分が就く事ができる職はあるのか」「自分に合った就職活動とは何なのか」
という将来への不安な気持ちはありましたが、
体験入学で就労移行支援の活動内容への興味と就職活動へのモチベーションが生まれ、これからの正式な通所が楽しみでした。

2 通い始めて何か変化はありましたか?
通い始めた中で一番の変化は、
自分が持っている力と不足している力をどちらとも客観的に知ることができた事です。
様々な訓練を受けていく中で、自分の能力をどの様にアピールしていけるのかが見え始め、
障害の特性や自己PR等の履歴書の項目も考えやすくなり、
就職活動を安定して進められました。 
また、私は物事を自主的に取り組む事が苦手であり、指示を受けて初めて行動に
移したり、やらなければいけない事を後回しにしてしまう受動的な傾向が強くありました。
ですが、担当になった支援員の方から、やらなければいけない事を順位付けしてToDoリストを作成し、
そこから自主的に時間割を考え、それに合わせて行動してみる事を提案されました。
この提案を実行してみて、自分の考えで決めた物事を進めていく事への自信が生まれ始め、
少しずつですが、自主的に行動する事に対する苦手意識が改善しつつあると感じています。

3 就職に対しての意気込み
通所する中で、気づかなかった自分の長所・短所や、
今まで学ばなかった社会で必要な知識・スキルなど、
支援員の方々にはとても多くの大切な事を教えて頂きました。
ココ・カラ・フルで学んだこれらの事を活かし、
社員の一人として継続して働き活躍できるように努力したいと思っております。

ーーー

この方は発達特性を持っていましたが、ずっと手帳を持ってはいない状態でした。
特性上、自身の障害で就職できるか不安がでてしまい、ココカラフルに通所し始めました。

人と触れ合うことなど経験が少なかったので
集団カリキュラムのなどを様々な経験をすることで、
自分の就労に必要なものは何か、自分の自己理解を深めていきました。
自分がやりたい仕事はなんなのか、どんな生活をしていきたいかなどを
少しずつ自分が生きていくために何が必要を認識していくことで
客観的に自分自身を理解し、希望する企業を見つけ就職することができました。

 

ココ・カラ・フルでは、就労を考えている方に向け
折り紙やパソコン作業、体力測定に売り場作業など
幅広い訓練を通してその方の個性や特性を知り自己理解を深めていきます。

また、ゲオグループで障害者雇用を10年以上継続している経験をもとに
適性のある就労先にもアプローチを行い
特性などをより理解してもらうことで、
就労先・利用者ともに長く働き続ける為の環境づくりを進めます。

一般的な就労移行支援事業所は就労後の定着支援が半年間となっていますが、
ココ・カラ・フルでは半年に関わらずそれ以降もずっと就労のサポートをしていきます。
企業に対して専門的な知識をお伝えし継続的な環境整備のアドバイスを行うとともに
利用者の方に対してもモチベーション維持やストレスの発散などに取り組めるよう進めていきます。

就職したら一人…というわけではなく、いつでも相談することが出来ます。
一人で抱え込まずにいられますので、安心してください。

春は季節の変わり目で挑戦したい季節ですね。
就労に関して不安のある方や、就労を考えている方など、気になる方はぜひご連絡ください。
いつでも見学・体験お待ちしております。
皆様のご連絡をお待ちしております。

関連記事

  1. 体験について
  2. 買い物訓練
  3. 就労移行支援事業所オンライン合同面談会のお知らせ
  4. 事業所の設備
  5. メモの取り方について
  6. 愛知県版農業ジョブコーチ養成研修修了しました
  7. スタッフ紹介③:スーパー最年少平崎さん✰
  8. それ、「天気痛」ではないですか?
PAGE TOP